●迷走日記●by夏うさぎ

jyuugoya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:観( 7 )


2008年 02月 17日

銀座4丁目で東京マラソンを応援

銀座4丁目の交差点で東京マラソンを応援しました。

b0008764_2225146.jpg


b0008764_223979.jpg


老若男女、色々な方達が一生懸命走っている姿に感動しました。
[PR]

by natsu-usagi | 2008-02-17 22:03 |
2006年 06月 23日

日本対ブラジル

1-4で負けてしまいました。

選手と応援の皆さん、お疲れ様でした。

豪戦から玉田が出ていれば・・・と思わないでもないですが今更どうしようもありませんね。

私は仕事中に睡魔と闘います!!
[PR]

by natsu-usagi | 2006-06-23 06:23 |
2006年 06月 13日

W杯豪戦、残念でした。

日本代表の皆様、お疲れさまでした。
暑い中良く頑張って頂いたと思います。
今回一番印象に残ったのはヒディンク監督の采配です。
「計画がなければ運はこない」
日本のことを研究し豪の選手を見る目も確かで
西日のことまで計算していたのでしょう。
これは投資や試験にも言える事ですね。
ヒディンク監督に教えて頂く事は多そうです。
[PR]

by natsu-usagi | 2006-06-13 08:50 |
2004年 09月 26日

映画『アイ・ロボット』観てきました。(ネタバレ注意)

原作はアイザック・アシモフの『われはロボット』で有名なロボット三原則がテーマになっています。

人口知能がこの解釈を突き詰めて思いもよらない結論に達するところは

SF的というよりもむしろ哲学的のような気がしました。

人間のために働いていた機械がやがて人間を裏切るストーリーは

『ターミネーター』や『マトリックス』でもお馴染みなのでそれほど期待はしていなかったのですが

映画そのものがサスペンス仕立てになっており最後の最後である人の死の原因の謎が解けたり

最後がハッピーエンドでもアンハッピーエンドでも無く、非常に謎に満ちていながら神秘的であること。

そしてウィルスミスのファッションや台詞回しや建築物や車のデザインが楽しめることなどにより

想像していたより楽しめました。

SF映画と言うより、ロボットと比較して人間とはなにか?という映画だと私は解釈しています。

ウィル・スミス演じるスプーナー刑事は離婚して、お母さん?のパイが好きで

コンバースのシューズに拘り、高所恐怖症です。

決して完璧ではなく合理的な思考では割り切れない部分があり愚かな面を持つのが人間

・・・そんなメッセージを私は受取りました。

スプーナーがロボットのサニーに対し

「自由とは自分で考えることだ。」と言った台詞も印象的でした。

『アイ、ロボット』HP
[PR]

by natsu-usagi | 2004-09-26 22:02 |
2004年 09月 06日

映画『ソウル・オブ・マン』

伝説の3人のブルースマンを描いたドキュメンタリー映画です。
b0008764_21303539.jpg

ブラインド・ウィリージョンソン、スキップ・ジェイムス、JBルノアー

といえば、ブルース好きの方はもちろんご存知なのでしょうね。

恥ずかしながら私はブルースは全く分からず、映画の日に六本木ヒルズにフラフラ出掛け

『ラバーズ』『忍者ハットリ君』を観る気分ではなかったので、という訳なのです。不純な動機で観てしまってごめんなさい。

全然分からないながらも3人のブルースマン達の苦労と歌に引き込まれました。

現代のアーチィスト達がカヴァーして歌っているシーンも良かったです。

ブルース好きの方に何かコメントして頂けたら嬉しいので宜しくお願いします。
[PR]

by natsu-usagi | 2004-09-06 21:29 |
2004年 08月 17日

『華氏911』観てきました♪

映画・ドラマ
恵比寿ガーデンシネマにて話題の映画 『華氏911』を観てきました。

平日にも拘わらず9:50からの上映の分を朝8:30に並んでチケットを買うという熱狂振りです。

ガーデンシネマで全ての上映の回が売り切れになってしまったのはマイケル・ムーア監督の前作

『ボーリング・フォー・コロンバイン』以来だと思います。内容の説明はここでは省きますが

「とにかく面白いから観て!」と自信を持って言いたいです。21日から全国ロードショーだそうです。
[PR]

by natsu-usagi | 2004-08-17 22:08 |
2004年 08月 07日

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

映画館に足を運ぶ機会が無くてやっと観てきました。

まず第1印象としては短かったことです。そのためか

クィディッチの場面があっさりし過ぎていたような気がします。

チョウ・チャンが出てこなかったのは残念でした。

それに最後の手紙の場面も無くチビフクロウも出てきませんでした。

主役のダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソンの3人はそれぞれ

美しく成長していてホッとしました。次回作も主演するのでしょうか。

シリウス・ブラック役のゲイリー・オールドマンがとても素敵でした。

ハリー・ポッターを観た時はいつもそう思うのですが自分も魔法が使えたらいいのに。

皆さんそう思われるのでしょうね、きっと。
[PR]

by natsu-usagi | 2004-08-07 19:06 |